開設:2013年1月1日 、 改定6版:2021年9月12日
  湘南Theoの平和のページ
                                                                                          
1.「憲法」の国民主権・基本的人権・平和主義を堅持し、戦場に追いやる政治・社会・経済に抵抗します。

2.日本の軍事拡大戦略に反対し、沖縄・南西諸島の反基地、平和の行動に連携します。

3.安全神話の原発廃止と、再生可能な代替エネルギーへの転換を求める運動を進めます。

《クリックで各ページに移ります》
      トップページ   に戻る

ここを
クリック

【パンフレット】 
パンフレット湘南Theoの平和のページ  パンフレット 脱原発・放射能汚染を考える
     
     
【紹介したいサイト】(反戦平和、憲法、原発 ほか)
 不戦を語り継ぐ全国のサイト 全国の反原発グループ  ふじさわ・九条の会 HP
【私のブログ・FB・TW】 
私のブログ《湘南Theoの平和のページ》
         私のフェイスブック.《湘南Theoの平和のページ》
     私のツイッター《湘南Theoの平和のページ》
資料集  リンク

更新記録

日々の私個人の ブログにリンク 
『湘南Theoの平和のページ・ブログ』 に跳ぶ。


クリックしてください)


https://syounantheo.hatenablog.com/





月日  項 目  リンク先 
     
     
No.247
脱原発・放射能汚染を考える』 No.247を掲載  No.247
 
 2021.7.7
No.246
脱原発・放射能汚染を考える』 No.246を掲載  No.246
  2021..6.21
No.245

脱原発・放射能汚染を考える』 No.245を掲載  No.245
 
 
 No.247
(2021.7.26)

 
No.246
(2021.7.7) 
 
 
No.24 
(2021.6.21)
 
No.244
 (2021.5.6)  

                        
 関電は無責任にも美浜3号機を6月23日に再稼働させようとしています。
これに対して6月6日には大阪市西区のうつぼ公園で「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」が予定されています。
コロナ対策を万全にして参加して市民の反対の声を挙げていきましょう!

 菅首相が6月のG7サミットで格好をつけるための「エネルギー基本計画」が策定されようとしている。
表では火力発電の半減と再生エネルギーの倍増が計画され、裏では原発を現状の6%から20%への拡大を
目標としている。
 これは老朽炉を含む既存原発の再稼働と建替え・新増設を前提とした原発増設計画である。
 
 2面では、ネタニヤフ首相が自己の政権を維持するために戦争を引き起こしたことを暴露した報道を紹介した。
 またIOCの無責任な開催方針に迎合する菅政権はオリンピックを開催しようとしている。最後までオリンピックの
開催に反対していこう。

 政府与党と維新・国民は「土地規制法案」を今国会で成立させようとしている。沖縄で強化されている米軍・自衛隊基地拡大と
一体として出てきたこの法案は、沖縄の軍事要塞化を目指すものであり、住民の私権を制約し、思想を調査し、基地や原発の危険
な実態を住民の目から隠す憲法違反・平和破壊の悪法である。
 法案の狙いを徹底して暴露して闘っていこう。

        
                      2021/6/3 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
No.243
(2021.5.6)  
皆様へ


久しぶりに4頁立てにしました。我ながら、字がいっぱいで読む前に拒絶されそうです。

P1:美浜原発再稼働
東京オリンピック中止
P2:水俣病問題研究の紹介
福島汚染水の海洋投棄
P3:大阪コロナ問題
森友問題
阪大ニグロ案内
P4:新聞記事5本
集会紹介
「デジタル法案」

                                2021/5/20 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
No.242
(2021.5.6) 
 
政府の「再稼働に最大25億円の交付金」のまきエサが効果を上げて、福井の県会自民党と杉本県知事は高浜1・2号炉と
美浜3号炉の再稼働に同意しました。しかしたとえ稼働しても特重施設未完成で停止となります。老朽原発の稼働の危険性を
訴え続けて稼働停止・廃炉のために闘いましょう!
福島県の農林水産業者や消費者らの22団体で作る「地産地消運動促進ふくしま協同組合協議会」が、4月30日に「海洋放出に
反対する声明」を発表しました。2年後に予定される、大量の放射能によって海を汚染する放出の開始までに計画の撤回を要求して
いきましょう。

裏面には「維新の医療政策が全国一のコロナ患者数・死者を出している」を特集しました。1日44人の死者は異常な数値です。
すでに大阪の保健所機能は破綻し発表される数値の信ぴょう性が問題といわれています。表面には、大阪・市民交流会が作成した
「大阪維新の「コロナ政策」を批判するチラシ」を紹介しました。

5つの新聞報道と、6月に開催される3つの集会の案内も掲載しました。
健康が許せば集会に、またはZOOMでぜひ参加ください。

大阪府、兵庫県、京都府、そして東京都へは「緊急事態宣言」が発令されています。政府はオリンピックとの関連で早期に解除しようと
していますが、大阪、兵庫、東京では感染数は拡大し、解除はほぼ不可能となっています。

変異種の登場もあり、新型コロナ感染はは極めて厳しい情勢でとなっています。決して無理をなされずお気をつけてお過ごしください。

                                 2021/5/6 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会 )
 
 No.241
(2021.4..20)
「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースNo241が出来ました。
 
 菅首相は全漁連会長と福島漁連会長を総理官邸に呼びつけ、漁業者の反対を無視して、「海洋放出」を一方的に表明した。
 トリチウムの放出によって地域の白血病は多発しており、その危険性は明らかになっている。それだけでなく、多核種除
 去設備(ALPS)で「浄化」された「処理水」にはトリチウム以外に、ヨウ素129、セシウム135、セシウム137などの
 12の核種が含まれている。
 「ALPS処理水」はむき出しの事故燃料棒に直接触れた「事故由来の核汚染水」であり、巨大な核汚染を引き起こす。

 政府は進まない老朽原発の再稼働に最大25億円の交付金を配布することで、県と立地自治体を懐柔し、再稼働を強行
 しようとしている。

 維新の兵庫県への進出を押しとどめた宝塚市長選での中川智子さん後継の山崎さんの勝利を報告できた。
 しかし、兵庫県知事選は極めて困難な闘いが予想される。

 裏面では、「戦争法」違憲訴訟の控訴審判決の報告と、維新の吉村知事の口先だけで失敗し続けるコロナ対応の批判を掲載した。

 大阪府、兵庫県での「緊急事態宣言」の発令もせまり、新型コロナ感染はは極めて厳しい情勢でとなっている。
  決して無理をなされずお気をつけてお過ごしください。


                     2021/4/20 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会)
 
 
No.240
(2021.4..5) 
 
「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースNo240が出来ました。
 
 柏崎刈羽原発7号機は規制委員会が昨年10月に再稼働を認可し、再稼働に向けての準備が進んでいました。
 ちょうどその時に柏崎では東電社員がIDカードを紛失し、他人のIDカードを使用し、警備員の顔認証による警報を無視し、権限のない所員がカード
情報を書き換え、無理やり中央制御室に入室させる不正行為が行われていました。許されないセキュリティー違反行為です。

 東電はそれを隠蔽してきましたが、、マスコミ報道の可能性が出たので、ようやく今年1月23日に規制委に報告しました。
 そしてそれだけでなく、安全対策工事では、中央制御室の止水工事の未実施など多くの工事の不良と不実施が判明しました。
 いかに規制委、規制庁の調査がでたらめで、電力会社の報告を鵜のみしているかがよくわかります。
 メンツをつぶされた規制委は「是正措置命令」で再稼働を停止させましたが、これは東電だけの問題ではありません。

 表面には大阪維新の「府市一元化条例」反対の闘いの報告と、吉村知事の口先だけのコロナ対応の批判を掲載しました。
 裏面には「戦争法」違憲訴訟の控訴審判決、日本学術会議「任命拒否」を問う、アジアから問われる日本の戦争展の3つの案内を掲載しました。
 また東京でも沖縄でも行われている日本の航空法に違反する米軍の「低空飛行」問題を整理しました。

 大阪府、兵庫県、そして首都圏だけでなく、全国で新型コロナ感染が拡大しています。新型コロナ感染はは今なお厳しい情勢です、
 決して無理をなされずお気をつけください。

                             2021/4/5 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
 
No.239 
(2021.3.23)

(次の号が240号で通算10年となります)

「東海第2原発運転差止め」の水戸地裁判決。柏崎刈羽原発の東電の不祥事による再稼働の白紙化。
 福井県議会での自民党に
よる「再稼働見送り」決定などが、再稼働を押し戻し、一方では佐賀地裁
 での玄海原発差止め棄却、広島高裁異議審で
の「差止め処分の取り消し」など司法の無責任さが際
 立ってい
ます。

 首相官邸前での金曜デモが10年目を迎え397回での休止が報道されています。
2012年6月29日には20万人を超え
る大集会となり、首相官邸から国会周辺を埋め尽くしました。

 私もたまたま東京にいて参加して感激しました。

 いまなお九電前、関電前、経産省前などでは粘り強い闘いも続

きますが、首相官邸前は一時休みとなります。闘いを大きく広げてくれた官邸前の運動に感謝します。

 表面下部には「大阪空襲76年朝鮮人犠牲者追悼集会」の記事を、裏面下部には「辺野古基地建設に、
 沖縄戦犠牲者の遺骨の
眠る土砂を使うな」を報告しています。

 菅政権は新型コロナ感染が増加し始める中で、緊急事態を解除し、「GO TO」の再開も噂されています。
 新型コロナ感染はは今なお厳しい情勢です、決して無理をなされずお気をつけください。

                                 2021/3/23 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
 
No.238
(2021.3.3) 
 久しぶりに4頁立てにしました。
 先号の「エネルギー基本計画見直し有識者会議」での原発推進の論議が、推進派の強さの反映でなく、
弱さの反映だということを紹介しました。
 2面では、太陽光・風力などの自然エネルギーの拡大と電気自動車への転換がもたらす鉱物資源の開発が現地で
何をもたらしているか紹介。
 3面では、大阪での「府市一元化」との闘いを紹介しています。
 また「朝鮮学校」への差別の闘いは、昨年末の宝塚市と伊丹市の請願の採択を機に、朝鮮幼稚園への「新たな支援」
が現実化していることを紹介。
4面では5つの記事の紹介をしています。詳しくはNETで検索ください。

 
 No.237 
(2021.2.18) 
「脱原発・放射能汚染を考える」No237をお送りします。

今号では、経産省が1月27日に開いた「エネルギー基本計画見直し有識者会議」についての抗議の声を扱いました。
国民世論に全く乖離した原発推進の論議が行われています。

福井県では関電森本社長と梶山経産大臣と資源エネルギー庁長官がセットになって福井県知事に虚妄の「関電報告」
を認めさせ、美浜と高浜の老朽炉を再稼働させようとしています。

目立ちたがりの吉村大阪府知事の「大阪ワクチン」が起こしたのはアンジェスの株価上昇だけであったことを雑誌
『選択』の記事を利用して紹介しました。

裏面では菅首相に関連した、進行形の2つの収賄事件についてまとめてみました。
菅首相の長男正剛氏はまさに親の「七光り」を利用した
「自助?・共助?・公助?」のなれの果てであり、
吉川元農水相は農水大臣となりながら、生命と健康な社会をはぐくむべき農業を理解できずに、金の亡者となった
なれの果てです。それこそが菅首相の本質です。

新型コロナ感染は全国で今なお厳しい情勢です、決して無理をなされずに感染されないようにお気をつけください。
皆さんの健康をお祈りいたします。

                             2021/2/16 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
 No.236
(2021.2.6) 
「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースNo236が出来ました。

 新年を祝っているうちにもう2月となりました。

 新型コロナ感染に対する非常事態宣言が発令され、2月4日には「コロナ改正法」が成立し、13日から施行されます
。入院を拒否したり入院先から逃亡すると過料となります。そして規制休業に見合う補償はされないのに、休業等の命
令違反にも過料が課せられます。そして医療機関への協力勧告が新設されました。

 政府が医療体制を弱体化させ、人員を削減した責任、結果として保健所が不足し、医療体制が整備されていない責任
を棚にあげて、パンデミックを利用した人民統制の始まりともいえます。

 大阪の吉村知事に代表される、金と権力をちらつかせた医療機関への一方的な圧力に法的力を与える危険があります。

 1月22日には、核兵器を史上初めて非人道的で違法とする「核兵器禁止条約」が発効しました。
 核保有国と「核の傘」依存国とりわけ被爆国日本に批准を要求していきましょう。

 1月には、宮古島市長選で「オール沖縄」候補が、馬毛島の属する西之表市で基地建設反対派が勝利しました。

 新型コロナ感染は全国で今なお厳しい情勢です、決して無理をなされずに感染されないようにお気をつけください。
 皆さんの健康をお祈りいたします。

                          2021/2/5 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
 No.235
(2021.1.15)
「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースNo235が出来ました。

「脱原発ニュース」今年の2番目です。今年もなんとか月2回の発行を行ないたいと思います。
新型コロナの爆発的拡大と、菅政権の無能力をまざまざと見せ付けられ、健康と命が危険にさらされています。
大阪では、吉村知事がテレビに毎日のように登場しながら、検査の拡大と感染の拡大防止、医療体制の確保
には、口先だけでまったく無策です。結果として全国で最大の死者を引き起こしています。吉村知事と松井市長は、
新型コロナ禍のなかでも、大阪維新の党利党略の「行政一元化」に注力し、新型コロナ対策は上の空です。

今回のおもて面には、1・24の「関電よ老朽原発うごかすな!大集会」の呼びかけを掲載しました。
屋外の行動ですから、中止にはならないと思いますが、決して無理をせず健康第一に参加ください。
朝日新聞の世論調査では、市民の絶対多数が反原発・脱原発です。
うら面には、新聞記事5本と2つの集会案内に加えて、大阪維新の「行政一元化条例」反対と トランプのクーデータ
糾弾を掲載しました。トランプのクーデター策動は失敗に終わりましたが、クーデター計画そのものであったことが
明らかになってきています。

新型コロナ感染の第3波、全国で厳しい情勢です、決して無理をなされずに感染されないようにお気をつけください。
皆さんの健康をお祈りいたします。

                        2021/1/15 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会
 
 
 No.234 
(2021.1.5)
 

「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースNo234が出来ました。

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は 戦争を美化する育鵬社教科書の全国での激減が勝ち取られ11月1日には大阪維新の「都構想住民投票」の否決され

12月4日の大飯原発設置許可取消し訴訟の勝利が勝ち取られ12月22日には「戦争法」違憲訴訟の結審 などがありました。 

 そして若狭の関西電力の原発は1台も稼働しないままで新年を迎えることができました。

 
「大阪都構想=大阪市廃止」は阻止できましたが、大阪維新の「行政一元化」条例との反対の闘いが始まっています。

 大飯原発訴訟の勝利は、若狭で、玄海で、全国で闘いの炎が燃え上がろうとしています。
 
 また「戦争法」違憲訴訟は4月16日の判決日が決定し、それに向けての闘いが進められます。

  
私たち「脱原発・放射能汚染を考える」ニュースは微力ですが、できるかぎりの努力をしていきたいと思います。

  
皆さん方のひきつづくご支援ご協力をお願いいたします。
                                          
2021/1/4 脱原発・放射能汚染を考える北摂の会 
 
No.104 
(2020.10.21)
 
 
No.103
(2020.10.8
.
 )    
 
No.102
(2020.10.3
.
 )    
 
No.1
(2020.10.3)

《新規掲載》

       今回より、新たに、『大阪を破壊すると構想に反対する会』 のパンフレットを追加掲載します。

 
No.101
(2020.8.25
.
 )   
 
 No.100
(2020.8.24
.
 )  
 
 No.99
(2020.7.21
.
 )   
 
 No.98
(2020.7.21
.
 )  
 
 No.97
(2020.6
.24
 ) 
 


湘南Theoの平和のページ   パンフレット (バックナンバー) 
No.104
(2020.10.21.) 
No.103
(2020.10.8.) 
No.102
(2020.10.4.)  
No.101
(2020.8.25.) 
No.100
(2020.8.24.) 
No.99
(2020.7.21)   
No.98
(20207.21.)  
No.97
(2020.6.24) 
 
   



バックナンバー
No.247
(2021.7.26)
No.246
(2021.7.21)
No.245
(2021.6.21)
No.244
(2021.6.3)
No.243
(2021.5.20)
No.242
(2021.5.6)
No.241
(2021.4.20)
No.240
(2021.4.5)
No.239
(2021.3..24)
No.238
(2021.3.3
 No.237
(2021.2.18
No.236
(2021.2.5)
   
No.235
(2021.1.15
 
No.234
(2021.1.5)
 
 

大阪を破壊する都構想に反対する会  パンフレットバックナンバー
               
datugenpatu237.0210218.pdf へのリンクdatugenpatu236.20210205compressed.pdf へのリンク No.1
(2020.10.2)



有用なウェブサイト
 IWJ

  マガジン9 


憲法と社会問題を考えるオピニオンウェブマガジン
平和憲法のメッセージ
早稲田大学・水島朝穂教授のホームページ 
 
ニュース専門ネット局
ビデオニュース・ドットコム

  
 ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、日々の思いをつづります。 
 
沖縄(1) 
辺野古浜通信
 
 沖縄(2)  
やんばる東村 高江の現状
沖縄(3) 
沖縄ヤンバルより・・目取真俊 
 
沖縄(4) 
沖縄平和運動センター
 
 沖縄(5) 
ヘリ基地反対協議会
沖縄(6)
平和市民連絡会HP 
 
原発(1)
たんぽぽ舎
 
  原発(2)
原発なくす蔵
 
     
     
     
     
     
     


 リンク先  概要
憲法(全国九条の会・ほか) 
九条の会
オフィシャルサイト 
日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、「改憲」のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴える。  
各地の九条の会
関連リスト
 
全国の九条の会の一覧。現在、ホームページを開設してる会の大半をリストアップ。 
ふじさわ・九条の会  2004年『九条の会アピール』に賛同し、日本国憲法を護ることの大切さを訴える。2013.6.10にリニューアル、URLを変更した。  
鎌倉・九条の会 憲法9条を守るためあらゆる努力を、この町のすみずみにまきおこしていくことを、鎌倉市民に訴える。
九条かながわの会    この国に戦争はいらない。世界に戦争はいらない。  
辻堂文化九条の会   地元辻堂の地に根ざし、辻堂・世界の平和文化の推進、交流を図る。 
九条の会・ちがさき ”輝け!憲法九条 九条を守り活かすためにご一緒致しましょう”がスローガン。 
相模大野九条の会   かけがえのない「憲法9条」を守るために、一人でも多くの人たちと手をつないで改憲を止めよう。 
かながわく九条の会   2008年9月26日に、横浜市神奈川区でスタート。 
六角橋9条の会   2010年4月29日、横浜市神奈川区内5番目に発足。 
マスコミ九条の会
マスコミ関係者による”九条の会”。 日本と世界の平和な未来のために日本国憲法を守る多面的な論陣。 
兵庫県弁護士九条の会  市民とともに、第9条の理念とその積極的な意義・役割を考え、広く世論に訴え、憲法改悪阻止のため全力を尽くす。  
映画人九条の会  私たち平和を愛する日本の映画人、映画愛好者は、「九条の会」の高く掲げた理念と呼びかけに心から賛同し、「映画人九条の会」を結成することにしました。
九条科学者の会  「九条の会」のアピールを広げる科学者・研究者の会。 
許すな!憲法改悪・市民連絡会  全国の草の根活動や民主的な団体が賛同し、憲法改悪に反対する。  
ち9すた  「ちくすた」。”九条の会・ちがさき”のホームページを補完。  
9★Collection   憲法九条を愛する家族9名で結成した「九条の会・きゅう」のブログ。」  
憲法改悪反対共同センター   「9条の会」の呼びかけに賛同するとともに「憲法改悪を許さない運動」を全国各地の草の根から発展させる。 
明日の自由を守る若手弁護士の会  今、憲法が危ない。弁護士を中心とするインターネット市民メディアの チャンネル。 
NPJ News for the People in Japan  今、憲法が危ない。弁護士を中心とするインターネット市民メディアの チャンネル。 
マガジン9  憲法と社会問題を考えるオピニオンウェブマガジン  
水島朝穂のホームページ:平和憲法のメッセージ  複雑な国際環境のもとで、この国が誤ることなく歩んでいくために、この憲法の存在意義を再確認していきたいと思います。 
反戦・平和 
わだつみ会  日本戦没学生記念会(わだつみ会)は、「再び戦争の悲劇を繰り返さないため、戦没学生を記念することを契機とし、戦争を体験した世代とその体験をもたない世代の交流、協力を通して戦争責任を問い続け、平和に寄与することを目的」としています。 

湘南Theoの平和のページ・ブログ


戦争と、貧困・抑圧・差別の構造的暴力がない社会実現のために
日本ペンクラブ  言論、表現、出版の自由の擁護と文化の国際的交流の増進。  
映像ドキュメント.com  映像ドキュメンタリーから学び、自らも映像を通じ表現していきたいと集まった有志の集団。最初の活動が九条の会を記録する一連の作品で、テーマを拡げ、普天間基地問題や現在は福島原発事故に取り組む。 
Peace News
ピース・ニュース
 
-過去の歴史を学び、今日の問題を考え行動する- ブログ形式のページ。 
日本ジャーナリスト会議(DailyJCJ) 自由なジャーナリズムなくして自由な社会はない。自由な言論は、健全な民主主義社会を支える礎です。
Project99%   99%の国民のために働いてくれる政治家を探し応援する、日本を変える。 
映像ドキュメント.com  職業での映像を通じて「九条の会」記録を始め、基地、原発に取り組む。 
平和の白いリボン行動・藤沢   非暴力による平和な世界を創造するために 行動します。 
peacememo  平和な暮らしのためにin神奈川県藤沢市にて。 
リベラル21  護憲・軍縮・共生をキーワードとする論文集を掲載する有用なサイト。 
不戦兵士・市民の会  生き証人として、悲惨な戦争を語りつぐ「不戦兵士の会」を結成。 
ふじさわ あとまっぷ  戦争の爪痕は、藤沢市内にも残っています。HPダウンロード版。 
瀬戸地下軍需工場跡を保存する会  知っていますか? こんな雑木林の中にも戦争があったことを。  
台湾少年工の歴史を平和と友好につなぐ会 戦争での航空機生産拠点の高座海軍工廠で働いた台湾少年工たちの記録。
脱原発
「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」 脱原発と持続可能なエネルギー政策を実現させることを決意した、団体・個人の集まり。 
経産省前テントひろば 抗議の座り込み継続中! テントは撤去出来ても、「脱原発」の想いを撤去することは出来ない! 全国の同じ思いの個人・グループと繋がって、「脱原発」の声をあげ続けて行こう!
脱原発・放射能汚染を考える北摂の会  「脱原発・放射能汚染を考える北摂の会」が発信する。アピールと関連資料などを盛り込んだ行動のためのパンフレット。 
福島老朽原発を考える会
「フクロウの会」
放射能汚染や事故の心配がなく、放射性廃棄物を生み出さない社会をめざして首都圏で活動してきた。福島原発事故以降、福島の子どもたちを放射能から守るための活動を続けている。
首都圏反原発連合  首都圏でデモなどを主催しているグループや個人が力を合わせようと、2011 年9 月に立ち上がったネットワーク。  
日本共産党「原発ゼロ」  日本共産党の、原発に対する見解と政策を紹介する特集ホームページ。 
脱原発をめざす女たちの会  原発のないくにを後世に 豊かな自然を未来に~
今再び女性たちが世界に新たな価値観を示し、原発に頼らない社会を一刻も早く実現しましょう。  
さよなら原発★ちがさき  市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。 
たんぽぽ舎 たんぽぽ舎は原発のない社会をめざし、みんなの思いをつなげるひろばです。  チェルノブイリ原発事故以降、設立。原発ゼロの社会をめざし、情報交換したり、想いを語る「ひろば」として運営。 
原子力民間規制委員会  日本の原子力は、原子力規制委員会が規制することになっています。しかし、その規制はデタラメです。そこで、原発ごとに民間規制委員会を設立して、各電力会社にDBAによる設計変更をおこなうよう勧告します。 
川内原発民間規制委員会・かごしま たんぽぽ舎の中心メンバーである、物理学研究者の槌田敦さんからの提案を受けて、12月6日(土)に私たちは、「川内原発民間規制委員会・かごしま」を設立しました。
原子力民間規制委員会・いかた  原発事故の再発防止と欠陥原発の廃炉を求めます。 
原子力民間規制委員会・東京    各原発現地の方達への運動を呼びかけ、協同して電気事業者との交渉を行い、東京の地域性を活かし、原発製造会社への追及の活動も行ってゆきます。 
   
   
子どもと教育
子どもと教科書全国ネット21 子どもと教科書を取り巻くさまざまな問題について発言し、行動する。
新日本婦人の会  なによりもいのちが大切にされ、男女がともに人間らしく働き、生きていける社会をめざす。  
新日本婦人の会藤沢支部   NO WAR! 子ども達に平和な未来を!  
日本母親大会   女性 それは母性をもつすべての女性を対象にした呼び名。生命(いのち)を生みだす母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます。 
神奈川県母親大会  生命(いのち)を生みだす母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます。  
 言論一般
湘南ファイブ通信  湘南ファイブが、時事問題、社会問題、季節の便り等について、通信・コメント・写真を発信します。 
TPPに反対する弁護士ネットワーク のブログ  TPPに反対する弁護士ネットワークのブログ。 
 大野ひろみのクラクラさくら 議会はなんでもありのワンダーランド。言いたいことは言わせてもらいます! 
地域活動関連 



主な「戦争証言」アーカイブ

《資料紹介》



(朝日新聞アーカイブス主な「戦争証言」デジタルアーカイブス) を紹介します。
数々の貴重な資料のサイトが紹介されています。


※個別のサイトURLは下記より。


★NHK「戦争証言アーカイブス」

★朝日新聞「ナガサキノート」

★沖縄タイムスデジタルアーカイブ 戦世からぬ伝言」

★Yahoo!Japan「未来に残す 戦争の記憶」
https://wararchive.yahoo.co.jp/

★広島平和記念資料館「平和データベース」

★沖縄県「沖縄平和学習アーカイブ」

★「みんなの戦争証言アーカイブ」

★「1945」

★「ヒロシマ・アーカイブ」

★「ナガサキ・アーカイブ」
http://n.mapping.jp/index_jp.html